間取り変更リフォーム -竹ノ塚の地元不動産業者-

2DKを1LDKに変更

築30年越えのマンションを所有の家主様より「古臭さを一新して欲しい」「今風の部屋にして欲しい」というご要望があり、いくつかのリフォームパターンをご提案致しました。

その中で気に入って頂いたのが、押入を解体し、DKと和室を合体させて1LDKに間取りを変更する案でした。

 

 

リフォーム 間取り変更

右奥にある押入を解体。

リフォーム 間取り変更

和室を洋間に変更した際、一部でも和室の面影が残っていると統一感がなくなってしまいます。

障子はすべて撤去し、障子のレール部分は溝を埋め、塗装をかけ、和室っぽさを払拭しました。

リフォーム 間取り変更

リフォーム 間取り変更

天井もベニヤを貼り、クロス仕上げ。

リフォーム 間取り変更

畳はすべて撤去。

床は2重床を使用し、ベランダからキッチンまで全て同じ高さに調節。2重床は防音性、断熱性に優れ、入居者様の快適性が増します。最後にフローリングを貼り、仕上がりです。

 

007

押入解体

015

押入を解体。和室とDKが一続きになりました。

 

リフォーム完成

リフォーム 間取り変更

Before

リフォーム 間取り変更

After

リフォーム 間取り変更

After

リフォーム 間取り変更

Before

リフォーム 間取り変更

After

リフォーム 間取り変更

After

リフォーム 間取り変更

After

押入が無くなったことで、明るく、そして開放感がでてきました。

フローリングは白に近い明るい茶を選び、幅木や廻り縁などはこげ茶で塗装しましたので、引き締まり、落着きを感じます。

また床、壁、天井、窓枠などの細部までしっかりと洋室化することが大切です。一部分でも和室の箇所が残っていると、その部分が目立ってしまい、ご案内時などの印象はグッと落ちてしまいます。

このお部屋は1LDKに変更する事で、元々良かった日当たりの良さをさらに引き立てる事ができました。

お客様には明るさ、開放感、通風などの快適性をアピールしていきたいと考えております。