給湯管にピンホール 漏水 水漏れ -竹ノ塚の地元不動産業者-

2階建てのアパートの1階にお住まいの入居者様より「台所の天井から水がたれてくる」と苦情の連絡を頂きました。

直ぐに現場に行き、お部屋の中を見させて頂きました。

確認すると、台所換気扇のフードから水滴がポタポタと滴っています。

水の道をたどっていくと、換気扇フードと天井が接している部分からジワリ、ジワリと水がしみ出ています。

水は無色透明、臭いもありませんので給水管か給湯管からの漏水の可能性が高そうで、雨漏りの可能性は低いでしょう。

004

005

006

007

 

1階と2階の間取りは同じなので、真上は2階の部屋の流しがあります。

築年数も20年を超え、給湯管は銅管なのでピンホールの可能性が十分考えられます。ピンホールとは「針の先くらいの小さな穴」の事です。

浴室の点検口から天井裏を確認。

浴室から台所の流しまではちょっと距離がありましたが、懐中電灯で照らし、2階の流しの下あたりの給湯管をじーーっと観察していると………キラッと水滴に光が反射。

給湯管に巻いてある断熱テープから水がジワッとにじみ出し、水滴になり、滴る。

断熱テープが巻いてある為、どこに原因箇所があるか特定ができません。もしかしたら別の原因があり、水が伝ってそこから滴っている可能性もあります。

浴室の点検口からではどの程度水が溜まっているのか目視できませんでしたが、1階への水の出方からかなりの量がありそうです。

2階の方に連絡をしましたが、あいにくご不在で、致し方ありませんのでお身内の方に連絡し、状況を説明。幸い、お近くにお住まいで、立ち会って頂ける事になりました。

お身内の方に立ち会って頂き、2階の室内確認。見える範囲で漏水は確認できません。

給湯管のバルブを閉め、少し時間を置くと、1階の漏水のペースが弱まりました。

やはり給湯管に原因がありそうです。

 

家主様に現状を報告し、1階の天井を開口し漏水原因を調査する許可を頂きました。

20

22

レンジフード前と吊り戸棚を外した所にそれぞれ点検口を設けました。

24

ピンホールがありました。水が噴き出しています。

コーナーは水圧がかかる為、穴があきやすい傾向にあります。

30

かなり漏水していたようで、天井裏の断熱材がたっぷり水を含んでいます。

25

漏水箇所で給湯管を切り、フレキ管に変更。漏水の処置は完了しました。

続いて復旧作業です。

天井裏がかなり濡れていたので、水分を含んだ断熱材を引っ張り出し、仮復旧。

入居者様のご了解を得、2週間ほど乾燥期間を頂きました。

26

43

48

天井裏が乾燥した事を確認し、断熱材を入れ直し、吊り戸棚の取り付け、点検口設置、最後にクロスを部分張替え。

完全復旧致しました。