賃貸の目線・目隠し対策

窓が多いと、採光、通風、開放感などに大きなメリットがあります。

しかし、「隣の建物と窓の位置が同じ」「歩行者の目線の位置に窓がある」といった場合、室内が見えてしまう、目線があってしまう、というデメリットが生まれます。

 

対策として今回はウィンドフィルムの利用をご紹介します

実例

次の写真は実際の賃貸マンションの一室です。

ご覧のとおり、隣のマンションのベランダが丸見えです。ということは、つまり、隣りからこちらの室内が丸見えということになります。

部屋を覗かれるというのは気持ちの良いものではありませんし、目線があったりすると少々気まずいですよね。

 

そこでウィンドフィルムを貼ってみました。

ご覧のとおり、ほぼ外の風景は見えなくなりましたね。

光を透過しますので、明るさはほとんど変わらないように感じます。

 

上の写真は窓の外側から撮った写真です。

外からも室内はほとんど見えません。十分な目隠し効果があるといえるでしょう。

 

メリット

  1. 施工が簡単。カッター、霧吹きがあればできます。
  2. いつでも剥がせる。
  3. おしゃれ。色んな柄があり、好みに合わせて選べる。

部屋に手を加える必要がありませんから、原状回復の心配もありません。費用もそれ程かかりませんから、賃貸物件の目隠しにはピッタリのアイテムといえるでしょう。

 

色々な柄があります。参考に写真をアップしておきます。

以下は スタイルダート カーテンレールの通販 スタイルダート 様から写真を引用致しました。

 

目隠し対策の一つとしてご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

株式会社竹の塚アパートマンションセンター 管理部