足立区【子ども医療費助成制度】マル乳・マル子医療証

 

制度の概要

  • 都内のマル乳・マル子医療証を扱う医療機関に「健康保険証」と「医療証」を提示すると、保険診療の自己負担額が無しになる。
  • 足立区では保護者の申請により、乳幼児にはマル乳医療証を、小・中学生にはマル子医療証を交付を受けることができる。

 

マル乳・マル子医療証の対象者

足立区内に住民登録があり、健康保険に加入している乳幼児・小・中学生の子供を養育している保護者が対象となる。

  • 乳幼児とは「出生から6歳に達した日以降の最初の3/31まで」の子である。
  • 小・中学生とは「15歳に達した日以降の最初の3/31まで」の子である。
  • 保護者の所得制限は無い

 

具体的な医療費助成の例

足立区在住 12歳 国民健康保険加入

風邪の治療を病院で受け、保険診療の医療費が1万円かかった場合。

医療費の割合

1.健康保険証とマル乳・マル子医療証を医療機関に提示した場合

健康保険の3割負担分の支払いも不要となる。つまり、お金は一切支払わないで済む。薬局なども同様。

【次のものは医療費助成の対象外】
  • 保険外診療
  • 入院時の食事代、健康保険が適用されない予防接種・健康診査・差額ベッド代など。
  • 健康保険から支給される高額療養費等の部分。
  • 交通事故、日本スポーツ振興センター災害共済給付(体育の時間に怪我をした等)がある場合など。

 

2.マル乳・マル子医療証を提示しなかった場合、都外の病院で診療した場合

医療証を忘れた場合や旅行中の診療などが考えられる。

この場合、自己負担分の3,000円を医療機関窓口で支払わなければならない

その後、親子支援課児童給付係(足立区役所中央館3階)か足立福祉事務所各福祉課に医療費の還付請求をし、3,000円の還付を受ける。

還付請求の際、領収書が必要になるので紛失に注意すること。

 

3.入院・手術などで医療費が高額になった場合

医療費が高額になり高額療養費制度が適用となる場合、医療機関に限度額適用認定証の提示をしないと医療費の3割を自己負担分として支払わなければならず、大きな負担となる。

さらに高額療養費の還付請求の手続きも必要となる。

医療費が高額になると、当然、自己負担分も高額になり、さらに還付されるのも数カ月先になる為、注意が必要。

※詳しくは「子供が入院・手術 医療費・出費を抑える制度」をご参照ください。

 

マル乳・マル子医療証の交付

医療証の交付は役所窓口か郵送で申請することができる。

受付窓口
  • 親子支援課児童給付係(足立区役所中央館3階)

電話 03-3880-6492

足立区役所ホームページ

  • 足立福祉事務所各福祉課(中部第一福祉課・中部第二福祉課・千住福祉課・東部福祉課・西部福祉課・北部福祉課)

郵送の場合

郵便番号120-8510

足立区中央本町一丁目17番1号

足立区役所親子支援課児童給付係

 

よく一緒に読まれている記事

子供が入院・手術 医療費・出費を抑える制度

入院・手術 高額な医療費の時に役立つ高額療養費制度

足立区の治安・住み心地はどうなの?【知っておきたい竹の塚・西新井情報】

 

【参考】保険診療の自己負担分

 

入院・外来

義務教育就学前

8割

義務教育就学から70歳未満まで

7割

退職者本人

退職者扶養家族

70歳以上一定以上所得世帯

その他70歳以上世帯

8割