キッチン周りのリフォーム -竹ノ塚の地元不動産業者-

台所の流しとガスコンロ台の隙間が狭すぎる

室内リフォームのご依頼を頂いた際、家主様より「流しとガスコンロ台の隙間が狭すぎる。どうにかなりませんか。」とご相談がありました。

リフォーム前は次のような状態でした。

047

049

上の写真は、台所の流しとガスコンロ台です。

ご覧の通り、流しとコンロ台は対面に置かれ、さらにその隙間が狭い為、「料理がしにくい」状態でした。この隙間では、流しで食材を切り、クルリと後ろを振り向き、フライパンで炒める、という動作はかなり難しいでしょう。

さらに太い柱が床から天井に伸び、これも動作を妨げる一因となっていました。柱を撤去できればリフォームの幅が広がりますが、それは無理なので、流しの位置を変更する方向で検討を始めました。

流しの位置を全く別の場所にしたらどうか、という案も出ましたが、給排水の問題、コストの問題を考えると実現は難しそうでした。

そこで、流しをガスコンロ台の幅分だけスライドし、その空いた空間にガスコンロ台を入れたらどうか、と考えました。

イメージとしてはこのような感じです。

048a

流しをそのままスライドしてしまうと、給排水管の位置が大きく変わってしまいますので、苦肉の策として、シンクと調理台の位置を逆にする事にしました。つまり奥からガスコンロ台、シンク、調理台という順になります。これであれば給排水管の変更は最小限で済みます。

続いての問題はガスコンロ台の上についている換気扇でした。

現状は建物外壁の穴に直に換気扇を取り付けていましたが、ガスコンロ台の位置が対面に移動した場合、換気口までダクト管でつなげなくてはなりません。ダクト管を、天井裏を通しベランダまで這わせようとしましたが、天井裏が大きな梁で分断されており、ベランダまで這わせることができません。

そこでダクト管は極力目立たないように天井の梁にそって這わせ、最後はクロス仕上げにし、見えなくする事にしました。

034

換気扇解体後の写真。外壁に開いた換気扇用の穴。ここに換気扇本体が直付けされていた。

027-2

床を解体。グレーの太い管が排水管。細い管が給水管と給湯管。

 

リフォーム後

047

Before

011

Aftre

柱をいじる事はできませんので、流しと柱の隙間はどうする事もできませんでしたが、ガスコンロ台の位置を変更した為、「振り向いて調理する」という動作が不要になったのは大きな改善点です。

014

019

ガス台→シンク→調理台の順番もさほど違和感ありません。

020

リフォーム前は緑色のタイル仕上げだった出窓部分をキッチンパネルに変更。清潔感もありますし、掃除もしやすくなりました。

027

矢印の出っ張りの中に換気扇のダクトが収まっています。全くわかりません。

029

ガスコンロ台を撤去した後はあえて何も造らず、空間としました。

 

今回のリフォームでは床も含めて流し周りを一新しました。

お部屋をお探しのお客様にとって、ピカピカのキッチンは魅力的に映るでしょう。

私共も頑張ってご紹介させて頂きます。

ありがとうございました。